FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.06.22 22:22|未分類
今日は、写真家のようこさんがお家に遊びに来てくれて、昼下がりのお茶会をしました♪
年に2回程会うくらいだけど、すごーくご縁を感じる友達です。
ひよりも会った瞬間からニコニコしていました( ´ ー ` )

約5年前、ふらっと入った絵本カフェでやっていたのが、ようこさんの写真展でした。
一目で心を鷲掴みにされ、この人にプロフィール写真を撮ってもらいたい!と強く思い、勇気を出してコンタクト。
それから、リサイタルやCDのジャケット、結婚式に生徒さんたちの発表会、私のありとあらゆる節目を写真に収めてくれてます。

彼女はもうひとつ本業で「人のたいへんな話を聞く」というお仕事をされていて、写真を撮るのも同じフィールドだと言ってたけど、ものすごく分かる気がしました。
あのすごい写真たちは、彼女の傷の深さなんだなと。それでも何者にも自分の人生を明渡さない決意の表れ。
癒しというのは諸刃の剣で、癒す側が同じ要素を含んでいなければ成り立たず、もしそうでなければ、それはただのリラクゼーションだと思うのです。
人の傷を癒せるのは、傷を負った人だけ。
音楽もただ美しいだけでは癒すことはできなくて、作曲家の苦しみが昇華されている作品ほど、それを必要とする人の心には深く届くように思います。
自分の大切な人に、この世界にできることがあるとすれば、自分がキラキラしていることくらいだから、何が何でも幸せに生きよう!と頷き合ってお別れ。
ようこさん、ありがとう☆




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。