スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOPE

2012.06.25 22:02|おでかけ

コントラバス奏者の鳥越啓介さんのソロライブに行ってきました。
アコーディオン奏者のtacaさん繋がりのご縁で知り合った方です♪
ベースでソロライブとはまたすごい試みです。引き込まれる世界観でした。すごいなぁ、かっこいいー。
会場では偶然の再会。3月に仕事で伴奏したD楽器さんのサックスの生徒さんが来ていて、声をかけてくださいました。びっくりー!本当に縁のある人とはどこでも会うんだわ。
ところで、オリジナルって強いなぁといつも思ってしまいます。
クラシックの演奏はやっぱり再現芸術なので、作曲家の気持ちに共感して、自分の心とシンクロさせないと音楽にならないんですよね。その過程がまた大変で。
その点、自分の中から出てきたものを音に出来るというのは一番自然で無理がないなぁと思います。
その反面、生みの苦しみもあるのでしょうが。
だからこそ演奏家は、いいことも悪いことも選り好みせずにたくさん経験して、引き出しを作っておかないといけません。しかも音楽が生まれる時は切ない気持ちのことが多いので、何かと苦しいんですよね…
それを昇華させるところに芸術が生まれるのですが。
成長には痛みが伴います。芸の肥やしです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。