スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空っぽの世界

2012.06.05 02:58|日々のこと
レッスン経験のある子供さんが新しく入門してきた時、必ずと言っていい程悩みます。
ほぼ9割方、めちゃくちゃな教え方をされているからです。弾いてる曲だけは難易度の高いものだったりして。
その割に、拍子の意味さえ知らなかったり、手の使い方なんて目が点になってしまいます。
どうしてきっちり大切なことを教えないのか、本当に、本当に、心の底から疑問です。
自分もピアノを弾くのに、それでどうしてOKが出せるの?いいわけがないでしょう。
もし自分に指導力がないと感じたら、勉強しませんか、それでお月謝頂いてるんなら。
これだけ芸術・音楽大学があって、毎年何千人と新人が世に出ています。
この世界の恐ろしいところは、世に出た瞬間から、中身も伴ってないのに「先生」と呼ばれてしまう。
そして特にポリシーも情熱もなく何となく近所の子供教えてみました、という構図。
供給側もそんなんだし、需要だって、本物なんて誰も求めていないかもしれない…と思えても仕方ないようなこの世の中に、私の居場所はほとんどありません。
どこの世界も多かれ少なかれ、きっとそうなんだろうなと思います。
みんな上の方だけでなんかやってて、その上の方だけで世界はカラカラ虚しい音を立てて回ってる。
それはすごいスピードで熱を帯びて加速していて、もう日本は止められないんじゃないかな…
それでも、私は私のできることをするしかないのですが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。