--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.06.26 22:15|ピアノ
昨日練習中に、名前というのはとても便利ではあるけれど、呪いでもあるなと改めて思いました。
例えば、色。
神経学者のR.シトーウィックさん曰く『色の恒常性は、異なる刺激が同じに見えるという錯覚である。』
のだそうです。赤ひとつとっても、たくさんの赤があり、実際はひとつではありません。
でも、それにいちいち名前をつけていたら、かえって認識しにくくなってしまう。
そこで、総してこの辺は「赤」と呼ぶことにしたのですね。
音も同じで、平均律では「ド」は「ド」ですが、音と音の間に実際は境目なんてありません。
限りなくシに近いドや、レ寄りのドなど、無限にあります。
絶対音感があると、音がドレミで聴こえるのですが、それが気をつけないと呪いになり得ると思うのです。
もちろんいい面もたくさんあるのですが。
記譜というのは、12世紀頃から本格的に始まり、それは主に聖歌を後世に伝える為であったのですが、
スタイルが複雑化するにつれて、口伝えだけでは賄いきれなくなり、紙に書くようになりました。
音の名前やリズムという音楽の「表し方」が開発されたわけです。
それを受け取った私達は外側から入って行くので、名前に囚われてしまいがちで、
「この気持ちや思想をこの音(例えばドミソ)で表した」という本質の部分に辿り着きにくい。
黒い箱の中に、全てがしゅっと吸い込まれてしまって、その入れ物しか見えない。
そういう状態が名前の呪いだと思うのです。
頭では分かってはいたはずなのですが…。頭で分かると身体で分かるは大違い。
これまでも場面場面では無意識に「できていた」時もあったはずだけど、「身についていた」ことでなかったのは確かです。自分をカスタマイズ出来る能力をどんどん上げていかないと。
とことん果てがないです。
スポンサーサイト
2012.06.25 22:02|おでかけ

コントラバス奏者の鳥越啓介さんのソロライブに行ってきました。
アコーディオン奏者のtacaさん繋がりのご縁で知り合った方です♪
ベースでソロライブとはまたすごい試みです。引き込まれる世界観でした。すごいなぁ、かっこいいー。
会場では偶然の再会。3月に仕事で伴奏したD楽器さんのサックスの生徒さんが来ていて、声をかけてくださいました。びっくりー!本当に縁のある人とはどこでも会うんだわ。
ところで、オリジナルって強いなぁといつも思ってしまいます。
クラシックの演奏はやっぱり再現芸術なので、作曲家の気持ちに共感して、自分の心とシンクロさせないと音楽にならないんですよね。その過程がまた大変で。
その点、自分の中から出てきたものを音に出来るというのは一番自然で無理がないなぁと思います。
その反面、生みの苦しみもあるのでしょうが。
だからこそ演奏家は、いいことも悪いことも選り好みせずにたくさん経験して、引き出しを作っておかないといけません。しかも音楽が生まれる時は切ない気持ちのことが多いので、何かと苦しいんですよね…
それを昇華させるところに芸術が生まれるのですが。
成長には痛みが伴います。芸の肥やしです。

2012.06.19 22:35|日々のこと
ちょっとした手術を受けてきました。初めての全身麻酔で怖かった…。
でも身近な人達にすごく優しく支えてもらって乗り切りました。このままずっと甘えてたい。笑
今日はずっとごろーんとしていたのですが、とても懐かしい人達とFacebookで再会しました。
留学中の同門のクラスメイト二人。どちらも南仏出身のとても気のいい子達です。
一人は今は福祉の仕事をしているようで、もう一人はパリに住みながら、出身地で音楽祭を立ち上げたりして、ピアニストとして頑張っているようです。
パトリック(師匠)のレッスンはいつも門下生全員で聴きあっていたので、いいことも悪いことも本気で意見しあってぶつかったり、講習会に行って寝食を共にして色んな経験をしたり、本当に濃い時間を過ごした大切な仲間でした。昔、この子の田舎に皆でお呼ばれしたなぁ…懐かしいなぁ。
今度フランスに遊びに行く時は、この子の音楽祭聴きに行こう♪
これまで出会った全ての人達のおかげで、今の自分があるのですね。

友人の主催する音楽祭のサイト♪
http://www.musiquealaferme.com/
2012.06.15 22:11|日々のこと
秋までの演奏会のチラシが続々とあがってきました。(←HPに載せてます。)
あっと言う間に本番が来そう…
私もぼちぼち自分のリサイタルのチラシを作らないといけません。
だいたい出来てはいるのですが、ここからが大変なところ。今更やけど、イラストレーター欲しいなぁ。
さて、最近ちょっと低迷気味です。
原因は分かっているのですが、負のスパイラルに陥りそう。いやほぼ陥ってる。
微調整ってほんと難しいですね。日々の間断ない調整の中に色んな幸せと安定が隠されているのに、
センセーショナルな出来事に心奪われると、ほったらかしになってしまう。
そしてまとめて苦労する。その繰り返しを何回やるのでしょう。
昨日、ある人のちょっとした一言で、なんか一瞬むっとしてしまったのです。
そうゆう時って、たいてい原因は自分の中にあるのですね。
その人はたまたまスイッチ押しちゃっただけで何も悪くない。
もやもやの居場所を突き止めてくれて、逆に感謝しないといけないくらいです。
そんなちょっとしたことが全部、今の自分のバロメーターです。
内面は必ず外に反映されますね。
2012.06.11 22:27|日々のこと
本番がちょっと一段落しました。秋冬のシーズンの為に、6、7月は土台作りしないと。
今日は大学時代の友達と久しぶりにランチ。ピアノ弾き3人とサックス吹き1人。
おいしい中華を食べて、昼間からビール飲んじゃいました。
そんなことより、2歳2ヶ月になった親友の子供がかわいすぎます(●´-`●)
お正月に会った時より、さすがにしっかり歩いてました。子供はほんっとにかわいいですねー♥
ゆりはいつでもおかんになれるな、と太鼓判を押されました。
そうなんかぁ、やっぱり根底にあるのはおかんかぁ。
秋にまた2人目が生まれます。楽しみ!叔母の気分。
それから、陶芸展を観に川西へ。仲良しのお好み焼き屋のおかみさんが、趣味でやっておられます。
自由で想像力豊かな作品ばかりで楽しかったです。刺激的でした。
そしてやっと仕事へ。世間の皆さま、すみませんでした。


上から
親友→おやつをねだるその息子↓仲良しツーショット
2012.06.07 20:43|日々のこと
歯医者さんに行った帰りに、部屋のお花を買いに行きました。
お花を飾るのは「財布の余裕じゃなく心の余裕」という名言がありますもの。
そして、そのお花屋さんでステキなことがありました。
作り置きのかわいいブーケがあったのですが、バラの寿命が残り少ないのが気になりました。
まぁ仕方ないかなーと思いつつ、お会計してもらいに行ったら、店員のお姉さんが
「あら、バラが元気ないので、新しいのに変えときますね!」と言って、さっと作り直してくれたのです。
しかも、その傷みかけのバラも「この子も入れとくのでー♪」と言って、一緒にくれたのです。
なんか、ちょっとしたことかもしれないのですが、まだこういう人間らしい人が商売人の中にもいるんだわ…
と感激してしまいました。
すごくいいものをもらった気がして心ほっこりです♪
fleur.jpg
2012.06.05 10:13|日々のこと
明け方に母の夢を見ました。夢に出てきてくれたのは久しぶりです。
昨日の私をよほど不憫に思ったのか、夢の中の母はとにかく優しかった。
焼きたてのパンの匂いが、それそのもの以上の幸せなイメージを含んでいるように、母性の象徴のような淡い色に包まれていて、号泣しながら目が覚めました。
母は、森の中の小さな家に一人でいて、私は仕事帰りにそこへ寄って、ご飯やおやつを一緒に食べたりします。小さい頃みたいに髪の毛を結んでくれて、元気にやってるの?仕事は順調なの?と心配して、お小遣いまで持たせようとしてくれたりします。
私は、大丈夫、そんなのいらないから、と母の髪を梳かそうとするのですが、「お母さんはもう髪がほとんどないからいいよ」と言われて、この時だけなぜか最期の頃の母で、2人で切なく笑います。
私はちょっと涙目になって「大切な人ができたから今度会ってね、それで、こんなところで一人で居ないでみんなで暮らそう」と言おうとしてるところで目が覚めました。
私が求めていたのか、母が見るに見兼ねて来てくれたのか、おそらくどちらもだと思いますが、こちらの意識とあちらの世界は夢で繋がってるのかな。ちょうどその中間地点で私と母は会ったような気がします。森の中はヒメが案内してくれました。死ぬのが少し怖くなくなりました。
みんな待っていてくれるから、まだまだこっちでがんばろう。
2012.06.05 02:58|日々のこと
レッスン経験のある子供さんが新しく入門してきた時、必ずと言っていい程悩みます。
ほぼ9割方、めちゃくちゃな教え方をされているからです。弾いてる曲だけは難易度の高いものだったりして。
その割に、拍子の意味さえ知らなかったり、手の使い方なんて目が点になってしまいます。
どうしてきっちり大切なことを教えないのか、本当に、本当に、心の底から疑問です。
自分もピアノを弾くのに、それでどうしてOKが出せるの?いいわけがないでしょう。
もし自分に指導力がないと感じたら、勉強しませんか、それでお月謝頂いてるんなら。
これだけ芸術・音楽大学があって、毎年何千人と新人が世に出ています。
この世界の恐ろしいところは、世に出た瞬間から、中身も伴ってないのに「先生」と呼ばれてしまう。
そして特にポリシーも情熱もなく何となく近所の子供教えてみました、という構図。
供給側もそんなんだし、需要だって、本物なんて誰も求めていないかもしれない…と思えても仕方ないようなこの世の中に、私の居場所はほとんどありません。
どこの世界も多かれ少なかれ、きっとそうなんだろうなと思います。
みんな上の方だけでなんかやってて、その上の方だけで世界はカラカラ虚しい音を立てて回ってる。
それはすごいスピードで熱を帯びて加速していて、もう日本は止められないんじゃないかな…
それでも、私は私のできることをするしかないのですが。
2012.06.03 23:56|日々のこと
先日、ピアニストの先輩お二人とのお食事会がありました。
一年に一回、あるお仕事の本番でしかお会いしないので、七夕と言っていたのですが、それ以外でも会いたいねという話になり、1ヶ月前から予定を合わせてやっと実現しました。
そのうちのお一人、女性の先輩は、私が大学一回生の時の大学院2回生。=雲の上の存在…なので、今お仕事仲間というのが夢のようです。またそれを認めてくださって、同じ目線でお話ししてくださるのもうれしく、同業者にしか分からない悩みを相談できるのもとても心強いです。もうお一方は、お人柄がとっても良く見習うところがたくさんな先輩。周りからの信頼も厚く、大学でバリバリお仕事されています。
芦屋でおいしいイタリアンを頂きながら、「暗譜」とか「製本」のピアニストあるある話で大笑いしたりして、楽しい時間を過ごしました。
お二人とも学生時代は全く接点がなかったのに(当たり前と言えばそうですが…)、ご縁と言うのは不思議なものです。今の仕事での繋がりのほとんどは、大学を出てからのもの。尊敬できる方が周りにたくさんいるというのはとても幸せなことです。そんな皆さんに共通しているのは「謙虚さ」で、その身ひとつで生きていくということは、受け皿もなく自分で自分を守るしかないのですが、そうして立っていられるのは、周りの皆さんのお陰という精神が浸透していて、自然とそうなるのでしょうね。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」を地で行く人達は、強くしなやかです。かっこいいなー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。